スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
充実してます
2006 / 10 / 01 ( Sun )


先週の月曜日にスタートした大学生活。
すごく長く感じた1週間。

講義が始まるや否や、全科目の先生より:一言物申す。

実技含め、(両成績が)7以上である事。それ以下の者は無知も同然。
よって(7以下の者は)進級認めず。



・・・・えっ。( ̄Д ̄;)一気に目が覚めた
「優」を取るぐらいの気持ちで挑め、との事だそうな。
何が何でも取らなくてはっ。
でもこれって日本の大学でも同じ事を言われてるのか。だったら
驚く事はないかもしれない。。。けれど、  
。。。しょっぱなからスパルタッ。

って事で、早速11月中旬より試験開始。

講義はスライドを使用して行われ、クセ字の先生に当たっても救われるシステム。

大体1時間半 or 2時間に渡って授業があり、10分程休憩が設けられていて
ちょっとカフェでくつろげる。

一日、一日、学ぶ事が増えているのが楽しいし「ガンバロウ」って気になる。
解剖生理学や統計学は心理学科で勉強していたので大いに助かっている。
勿論油断はしないけれど、基礎知識の有無は大きいと思う。

この間、席の近くに座っていた学生と話してみた。
彼女達は専門学校の解剖・病理コースから来たそうだ。
専門学校から(この学科へ)入学するには成績が8割以上じゃないと無理。
って事はスゴイ。しかもコースがコースなだけに、解剖や腫瘍学はお手の物。

そのお隣に座っていた学生は、勿論理系コースから来た高卒の子。
本当は理学部化学科へ入学したかったそうだが
親に説得されて看護学科へ入ったとか。
生化学や物理が大好きらしい。なんとも羨ましい

年齢層は18歳から27、28歳ぐらい。
18歳といえど、考えは大人で堂々としている。だから話していると
年齢なんて忘れてしまうくらい。でも私はこういう環境が好きだな。
同じ事を学ぶ者同士、年齢なんて関係ナイナイッ。

そんなこんなで、2,3会話を交わした彼女達と仲良くなった。
先週は講義が始まったばかりなので実技は無かったけれど
今週からジワジワと始まっていくのかな。ガンバローっと。

1クリックヨロシクおねがいします☆
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

16 : 50 : 43 | enfermeria*看護学生 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。